工場紹介・製造過程

夏でも底に冷たさをもつ青。

冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。 底に冷たさをもつ青いそら。 あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。

皆野工場のご紹介

自慢のこんにゃくを秩父から
秩父食品が自信を持ってお届けする、美味しいこんにゃく・しらたき・ところてんなどは、ここ皆野工場で作られています。「安全で美味しい製品をお客様にお届けする製造メーカー」であることを従業員全員が誇りに持っており、徹底した品質・衛生管理のもと製造を行なっている点が私たちの強みであり特徴です。これまでもこれからも、変わらぬ美味しさを秩父から全国の皆様にお届けできるよう、厳しい基準で心を込めて製造してまいります。
項目を追加
代々受け継がれた技術
美しい建築へのこだわりは誰よりも強く一切の妥協をしないその姿勢は国内外から大きな評価を受けている美しい建築へのこだわりは誰よりも強く一切の妥協をしないその姿勢は国内外から大きな評価を受けている
こんにゃく製造工程
しらたき製造工程
ところてん製造工程
項目を追加
こんにゃく製造工程
素材にこだわる秩父食品は、こんにゃく芋を自社農園で栽培し、商品化するまでをすべて自社にて行ないます。秩父の土地が生んだ特別なこんにゃくを、ぜひ1度味わってみてください。
01
AM 9:30
担当する現場へ移動
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
01
ねかし
大きなドラム缶に入っているのは、こんにゃくの原料(精粉)に水を加えたもの。ここでしばらく寝かせておくと少し粘りが出てきます。
02
凝固剤混合
よく練ったものに凝固剤を加えて、糊状(のりじょう)にします。
しっかりと均一に混ざるよう、手早く混ぜ合わせなくてはなりません。
03
パック詰め
袋に流し入れて、商品ごとにパック詰めします。
04
整形
パック詰めされたものを整形機に通し、形をつくります。
その後、殺菌のため、一定時間をかけてボイル槽の中を通らせれば「秩父食品のこんにゃく」ができあがります。
05
完成
ついに完成です!!
箱詰めして包装状態などを厳重に検査し、問題がなければ、お客様のもとへお届けしていきます。秩父食品自慢のこんにゃくをどうぞ!
項目を追加
しらたき製造工程
しらたきの製造工程はこんにゃくとほぼ同じですが整形方法が異なり、元は120mあるこんにゃくを30~40cmに切ってしらたきを作ります。こだわりの安心・安全なしらたきをどうぞ!
01
AM 9:30
担当する現場へ移動
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
01
のりかき
原料の粉と水を合わせ、よく練ってからしばらくねかせます。
02
凝固剤混合
消石灰(水酸化カルシウム)を溶かした石灰水を加えて、手早く均一に増せていきます。消石灰を含むことでこんにゃくが凝固します。
03
カット
水酸化カルシウムと練り合わせた後、元は120mあるこんにゃくを30~40cmに切ってしらたきを作ります。
04
仕上げ
手巻きしらたきや業務用しらたきなど、それぞれの用途に応じた加工を加えれば完成です!安心・安全の製品をお客様のもとへお届けします。
項目を追加
ところてん製造工程
埼玉県の秩父食品・皆野工場では、ところてんの製造も手掛けています。美味しく安全な製品作りのため、従業員一同が力を合わせて最高品質のところてん作りを目指し続けています。
01
AM 9:30
担当する現場へ移動
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
01
天草洗浄
まずは天草を水で洗浄し、砂やゴミをきれいに取り除きます。
美味しく安全なこんにゃく作りには、こうした丁寧な準備が必須です。
02
煮出し
天草を2時間ほどかけて煮出したら、今度は天草を取り除いてさらに30分煮ます。このとき寒天粉を適量加えて、粘度調整も行ないます。
03
充填・凝固
できあがった液体を冷却器で冷やし固めると、ところてんになります。
04
整形・突き出し
冷やし固められたところてんを押し切り機で切ると、皆様におなじみのところてんの姿に。これをパック詰めすれば完成です!
05
完成
入念に検品を行ない、わずかな問題もないことを確認したら出荷です。
皆で力を合わせて作ったところてんを、ぜひ味わってみてください!
項目を追加
私たちが真心込めて製造を行なっています
埼玉県秩父郡長瀞町の秩父食品では、美味しいものを皆様にお届けするために真心を込めることを忘れません。お客様が「美味しい!」と笑顔になってくれることを思い描きながら、毎日でも食べられる安全な製品を作ること。それが弊社のモットーです。品質面には一切妥協を許さず皆が力を合わせて、地元である秩父の素材を活かした最高品質の製品作りを行なっています。